かかりつけ薬剤師

かかりつけ薬剤師って?

1人の患者さんが飲んでいるすべての薬(市販薬や健康食品も含めて)を把握して、飲み合わせや残薬などをまとめて管理してもらおう薬剤師のことです。顔なじみの薬剤師ということではなく、患者さまに薬剤師を指名していただくことにより、毎回同じ薬剤師が「かかりつけ薬剤師」として担当することになります。

かかりつけ薬剤師を持つメリット

かかりつけ薬剤師を持つメリットは大きく分けて3つあります。
1
ひとりの薬剤師がひとりの患者さんの服薬状況を一カ所の薬局でまとめて管理し、それを継続して行う

薬を安全・安心に使用していただくため、医療機関から処方された薬や市販薬、健康食品やサプリメントなど皆さんが使用している薬の情報をまとめて把握し、薬の重複や飲み合わせのほか、薬が効いているか、副作用がないかなどを確認します。
2
体調の変化の確認や処方医や医療機関との連携を行う

来局いただいた際に、過去の服薬記録も含めて、患者さまの服薬後の経過を継続してチェックしていきます。処方内容を確認し、必要に応じて医師への問い合わせや提案を行います。
また多数の余っている薬がある場合、薬局にお持ちいただければ次回の処方調整を提案したり、ご自宅で薬の確認・整理を行うこともあります。
3
いつでも相談できる

患者さまの服薬状況を良く理解した薬剤師として、薬や健康維持に関するご相談などにお応えします。夜間・休日などご利用の薬局が閉まっている時間帯でも、薬についてのご相談などを承ります。