お薬手帳って持ち歩く必要ある?

お薬手帳とは自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録する手帳です。薬の内容の記録だけではなく、副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。
記録をするだけではなく薬の重複や良くない飲み合わせも未然に防ぐ事ができます。
事故や災害などもしもの時備えることができ持ち歩くことをおすすめします。


お薬手帳を持ち運ぶ必要がなくなった!

大阪では「大阪e-お薬手帳」が誕生したことによって、紙のお薬手帳を持ち運ぶ必要がなくなりました。
「大阪e-お薬手帳」とは電子お薬手帳です。
みなさまのお手持ちのスマートフォンなどに、お薬の情報を保管し、紙のお薬手帳と同様に活用するために作られたものです。電子版ですので、情報をクラウドに保管し、万一の災害など、さまざまなシーンでの利用も期待されています。
さらに詳しくは下記をご覧ください。